発表題目 頭頂葉と後部島皮質を連絡する白質線維束の検討
 概要 これまで頭葉頂と後部島皮質の領域がオプティックフロー刺激に選択的な応答を示すことが明らかになっており(Cardin & Smith, 2009)、これらの領域の相互作用が自己運動知覚に重要であることが示唆されている。本研究では拡散強調MRIを用いてこれらの領域を連絡する白質線維束を推定し、そして推定の妥当性を検討した。  
 発表/発行日 2017/03/10  
 発表/発行機関 第19回日本ヒト脳機能マッピング学会
 研究テーマ 生物・物性
 発表者
(NICT研究者のみを現在の所属で表示しています)
竹村 浩昌  【脳情報通信融合研究室】
上? 麻衣子
蘆田 宏
 発表区分 一般口頭発表

 この成果に関する参考情報

(*)過去の成果については、NICTに現在所属していない発表者の掲載がない場合があります。
Copyright(C)2010 National Institute of Information and Communications Technology (NICT) All Rights Reserved